税金の抜け道

不動産取得税のメリット

不動産取得税は、住宅を新築したとき、新築の建売住宅を買ったときはもちろん、中古住宅を買ったときにも税率が軽減されることになっています。軽減による税率は100分の3です。300分の4が、100分の3ならば、安くなったのは、たった100分の1か……」などと軽く見て、基になる価額が大きいことを忘れないでください。不動産の価額が1,000万円だとすると、10万円の違いにもなってくるのです。それに、住宅の敷地についての不動産取得税も軽減されることになっています。税額の軽減される住宅にしろ、その敷地にしろ、一定の要件を満たすことが必要ですから、その要件について調べておくことが肝要です(印紙税・登録免許税)印紙税・登録免許税については「不動産を売ったときの税金」のところで、ひと通り紹介しました。これらの税金は売主と買主が連帯して納める税金ですから、どちらか一方が支払ってもあるいは双方で半々ずつ支払ってもそれはかまわないのです。そのかわり、もし払わないでいると、印紙税については3倍の過怠税を課せられてしまいます。また、買主が”この土地、この建物は私のものになったのだ”と主張するには、「登記」という、第3者に対抗できるだけの要件を備えなければなりません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>