ルールや規制

通気層を設ける

壁の中に入り込んだ湿気や雨水を外気へ逃がすために、外装材の室内側に通気層を設けることも重要です。通気層、もしくはそれと同等の排湿機能を有する部材によって、外装材の耐久性が向上することもわかっています。防湿層を設けると、夏に日射などを受けて温度が高くなった場合、壁の中の木材や合板から水蒸気が放出され、冷房で冷やされて防湿層の室外側で結露する、と「夏型結露」を懸念する学者もいます。たしかに、繊維系断熱材ではこのようなタイプの結露が発生しますが、この結露は夏の昼間にだけ発生するものであり、結露水量もわずかなので、木材を腐らせることはないことがわかっています。沖縄のような亜熱帯の気候では、冬の結露の心配はないので防湿層は不要です。むしろ、防湿層が設けられていたりすると、「夏型結露」の原因になってしまいます。【「熱橋」部分の断熱も】「熱橋」とは、断熱された壁体において、例外的に熱を伝えやすい部材や部分のことです。熱橋に対して何も対策をしないと、熱ロスの原因となるだけでなく、結露の原因にもなってしまいます。木造住宅では、柱や梁などの木材は熱伝導率が比較的小さいので熱橋とは言えませんが、金物は熱橋になる場合があります。

鉄骨は熱伝導率が高い

鉄骨造では、鉄骨は非常に熱伝導率が高いので、そのままでは柱や梁などはすべて熱橋となってしまいます。ですから、外側から断熱材を張ったり、外装材との間に木を噛ませたり、工夫が必要になります。コンクリート造の建物では、外壁と床(バルコニーの床も含む)が交差する部分や、外壁と間仕切りが交差する部分は断熱しづらいので、放置すると熱橋になってしまいます。ですから、部分的に断熱材を補強しなければなりません。そうすれば、「内断熱」であっても表面温度はそれほど低下せずにすみ、結露を防げます。ここで、コンクリート造の内断熱の防露性について若干補足しておきます。世の中には、定常の湿気拡散理論を用い、「外断熱」との比較で「内断熱」の結露危険性をむやみに指摘する人がいますが、これは正確ではありません。なぜかと言うと、コンクリート壁体の湿気拡散は非常に緩慢な現象であるので、定常の拡散理論を適用して得られる水蒸気圧の解には大きな誤差が含まれるからです。北海道のような寒冷地でさえ、「内断熱」壁体の一般部分(金物などによる熱橋部分を除く)で結露がまったく発生していないことが、古い集合住宅の解体事例から判明しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>